【面接対策】なぜ一部の人は集団面接で落ちてしまうのか

更新日:2021年10月27日



いよいよ10月に入って、本選考を受け付ける企業が徐々に増えてきましたね。

そのなかで、面接に課題を感じている人も多いのではないかと思ったので、

今回は面接の第一関門である集団面接についてお話します。


一般的に、本選考のフローはES提出→(Webテスト)→集団面接→人事面接→部長・役員面接

となっていて、集団面接は選考の中でも割と早い段階で行われるものなんですよね。


しかし、集団面接の時点で落ちてしまう人も少なからず存在します…

具体的に、

・集団面接がどのような流れで進むのか

・人事は学生のどこを見ているのか

この2つに焦点を当てて、解説していきます!!


今回の記事の流れ


1.そもそも集団面接って??

2.集団面接でよく聞かれる質問

3.人事は学生の○○を見ている!!

4.まとめ


1.そもそも集団面接って??


では、早速本題に入ります!!

そもそも集団面接とは、「学生2人から5人程度で、

面接官からの質問に順に答えていく面接」のことを言います。


そのため、1人当たりの時間は10分程度であることが多いです。