学ばない日本人は約2人に1人!?学ばないとやばい。


【勉強と行動やめたら貧乏になる】

おはようございます。

さて昨日は良い週末でしたか?

僕は心を鬼にして飲みに行かずお酒も飲まず

仕事塾の動画作成に励んでおりました。

さて、今日は"学ばない日本人がどうなるか"という話をしようと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学ばなければ、今後どうなるの?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

結論から伝えると、知識の差が激しく収入に反映される時代になりました。

知識と収入は比例します。

知識がある人や、知識を得るために行動を続けた人が、学ぶことをやめた人よりも勝つという構図ですね。

(勝つってのは収入格差で勝つこととします)

でもこれってサボった人より頑張った人が勝つという、ある意味フェアなのかもしれません。

実は日本は大人が学習しない国という理解が必要です。

社会人の47.5%が自主的に学びを行なっていない人です。

そしてもっと最悪なのが、年代が上がるごとに学んでいない人が多いんです。

これからはVUCAの時代であり、

非連続な変化が激しく起こる経営環境では、過去の経験だけでは対応が難しく、、

過去の成功が通用しません。

どうするかというと、

継続的かつ定期的な学びを得て、知識・情報・技術をアップデートしなければ、

個人も組織も成長を遂げることが難しくなります。

つまり、「新しいことを学ぶ努力(行動)」をする人と

「自分の頭の中だけで考えられることで生きる人」では

大きく差が出てきてしまいます。

例えば、副業にしたって

「副業なんてやっちゃダメだ!だって今までもダメだったから!」

って自分の頭の中だけで考える人と

「とりあえず副業やってみよ。怒られたらやめよう」

という新しいことを学ぼうとする人では、収益格差が出ますよね。

学ばずにいるサラリーマンは給料まじで上がらないですからね。。

そしてやっと上がれそう!ってなった時には経営判断として努力しない人にコストはかけられないので、リストラ通知がきます。

長くいることに価値がなくなってるので、勉強をサボった人や、挑戦をしない人が給料が減るというある意味フェアな時代です。