今後の会社の選び方〜その会社は『踏み台』になれるか?〜


おはようございます。

5月にFacebookで仕事塾を始めてから

既に120名の方が参加していただいています。

行動すると変化は起きるもんです。

皆さん、本当にありがとうございます。

そんなこんなで今日は『会社の存在をどう捉えるか?』をテーマに書いて行きますね。

悪い例も記載しているので、就活に役立ててください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

"極上の踏み台"を探せ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

早速ですが。

『ウチは新卒の離職率が低いんだよ〜』とか

『ウチは新卒の役員が多いよ〜』って言う

人事や会社はこれからの時代は超危険です。

なぜなら、誰も会社を踏み台にしなかった証拠だからです。

これについて、説明していきます。

新入社員が戦力になるまでには、めちゃくちゃコスト(期間と費用)がかかるんです。

上司(経験者)がやった方が早いし、クオリティーも高いのですが、現場に立たせてあげないと成長しないので、その際、会社は「これは将来への投資だ」と割り切って、売上を諦めて、新入社員を現場に立たせます。

(僕もそうでした)

投資を繰り返して、ようやく戦力になった瞬間に「会社辞めます!独立します!」と言われると、そりゃ、「いやいや、ちょっと待ってよ。何の為に投資したと思ってんのよ!」と考える経営者や上司もいるでしょう。

自分が『踏み台』にされたわけですから。

ただ、僕が今大学生だとして、「踏み台にできないような会社に入るか?」と考えてみたところ、そんな会社には絶対に入りません。

古くさい時代遅れの会社は「終身雇用信者」や「年功序列信者」が存在していています。

(長くいることが偉いと信じる方々です)

「一度入ったら最期。簡単には抜けられない」なんて今からの時代は地獄です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

辞められる会社がいい説

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新卒を募集してる企業をザックリ分けるとこんなだと思います。

【踏み台にできない会社】

→ボーッとした子が入る(変化や成長に興味が無い)

【踏み台にできる会社】

→行動力がある、したたかな子が入ります(変化や成長に興味がある)

この「ボーッとした子」を育てるのは時間とお金がかかりますが、

「行動力がある、したたかな子」は基本、『環境』さえ与えれば、勝手に成長します。

「行動力がある したたかな子」が成長して、2~3年後に独立しても、その頃には、『あそこの会社は踏み台にできる』という話が回っているので、また、優秀な人材が入ってきます。

(リクルートみたい!)

もっと言うと、ボーッとした人達が周りにいる環境には成長は少ないです。

どうせなら意識高い環境に身を置いてください。

そしてさらに、今、45歳からリストラの対象になったりしてるじゃないですか?

つまり、20年以上囲いあげた(育てた)社員によって、今度は会社が首を絞められています。

これは、「会社というものは、社員には、いずれ辞められた方がいい」という見方もできますね。

トータルで考えた時に、「『極上の踏み台』になる会社」にしておいた方が、今の時代には合っているんだろうなぁと思っております。

さて、皆さんの受ける会社や行く会社は

【踏み台にすることができるか?】が問いです。考えてみてね。

僕はこの仕事塾こそ『極上の踏み台』にしたいと思っています。

ここで色々な知識や能力をつけてもらって、社会で活躍し、仕事塾にドンドン学びたい学生を増やしていってほしいな!

そのために誰よりも頑張るぞー!

では!

  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
LINE_OA_logo1_white.png