仕事塾授業のハイライト:営業職のお仕事の話を終えて


こんにちは!仕事塾の高村です。

昨日は仕事塾の授業があり、

ゲストトークの場面では大手人材企業で

トッププレイヤーとして活躍されている高橋健太さんをお呼びした授業でした。

お写真が僕の大先輩の健太さんです。

Twitterはこちら(https://twitter.com/KentaTakahash20)フォローしてみてね。

恒例ですが僕なりのアウトプットをしていきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━

営業とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━




営業職とは

「お客様が求めているものや気づいていないけど、あったら役に立つものを提供していく仕事。その対価として、お金をいただく。」

「売上(利益)を上げることで、会社の経営を支え、スタッフの給料を増やし、未来に向けた設備投資、ブランディングを可能にする。」

「その活動を通して、目標達成、コミュニケーションなど、自分の成長にも非常に役立つ。」

これを定義しているのは下記サイトからでしたが、

一流と呼ばれる高橋さんもこちらのサイトの定義には共感されていたので抜粋します。

https://life-and-mind.com/about-sales-8183

実際に営業をやっている身としても感じますが、

本当に全ての力が養われます。

計画や事前準備やヒアリングや提案など。

中でもセルフマネジメント能力と

プランニング能力は特につくと仰っていました。

自分で計画を立てて行動する力ですね。

営業は数字を上げることがバリューなので

ここの認識を強く持っている人は営業で活躍していると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━

個人的に重要だと思ったこと

━━━━━━━━━━━━━━━━

結論2点です。

・自分の仕事の”定義”を明確にすること

・”基本”のレベルを上げること

営業としてもビジネスパーソンとしても

『定義』がすべてを語る気がしています。


例えば『仕事』の定義を

『とりあえず出社して家に帰るまでの時間』と捉えている人と、

『顧客へ価値ある何かを残し続けること』と捉えている人とでは、


行動に大きな差が出てくるはずです。

実際に高橋さんのお話で感じた印象は

自分のことを明確に理解できていて、

だからこそ仕事にスタンスや定義を明確に持たれていて、

一見普通とも思われることを万力込めて継続されていて、

そこから得た学びを常に抽象化して転用し、日々の業務レベルを上げていっていること、でした。

特段『何かズバ抜けたスキル』が必要かと言われたら


そして誰にでも転用ができそうなくらいに落として話していただきましたよね。


例えば「人の懐に入る力は?」と聞かれた時も

「自己開示を徹底して先にする」と答えられていました。

この基本を学べるのも営業ですし、

基本レベルを上げていけば仕事のレベルも上がっていきます。

僕の仕事のスタンスは『目の前の人を明るくする』ということですし、

仕事の定義は『人助け』です。

皆さんもまずは自分の棚卸しをして

自分の理解をしてくださいね、

問いとしては


・自分にとって就活とは?

・自分にとって『はたらく』とは?

・自分にとって『社会人』とは?


この辺りを定義持てるようにしておくと良いかもしれません!

以上です。これからも仕事塾では


営業(やその他色々な仕事)は楽しい!

はたらくのは楽しい!社会人は楽しい!!

って思ってもらえるように学生の皆さんへ学びを届けていきますね。

これからもよろしくお願いします(#^_^#)

では!



==================

告知です!


仕事塾のTwitterアカウントが開設されました!


https://twitter.com/shigotojyuku


発信内容は主に下記です。


・授業のハイライト

・コラムのまとめ


誰が誰のためにどんな活動をしているのかを

発信していこうと思います。


フォローをお願いします(#^_^#)


  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
LINE_OA_logo1_white.png