GDで陥りがちな罠3つ


おはようございます。


昨日は『仕事塾GD練習会』を開催しました。

合計40名の学生が参加していただき

8個の班に分かれて、8人の社会人がそれぞれの部屋につき、

個別FBまで実施するというものでした。


参加いただいた皆さんは学びはありましたか?

学びがあったのであれば必ずアウトプットをしましょう。


実は振り返り方にもレベル感があるので、ここにも記載しておきます。



レベル2くらいまではやっておきましょう。

インプットはアウトプットしないとついてきませんので。


てことで、僕の学びもここに書いておきます。


━━━━━━━━━━━━━━━━

GDとは『議論する力』という

社会人になっても役立つ力であること

━━━━━━━━━━━━━━━━


昨日は僕の同期の人事が

「GDを就活のためだけにやって欲しくない」と言ってました。


実際にその通りだと思いますし、

社会人になっても『議論』や『会議』は必ずあります。


議論に必要なのは


・前提の認識を合わせること

∟誰目線で話すの?

∟どういう目的で話すの?



昨日は『入社後のミスマッチをなくすにはどうしたら良いのか?』という問いでした。


これに対してすぐに”思いつくアイディア”に飛びついては良い議論とは言えません。

まずは『誰にとってのミスマッチなのか』を目線合わせする必要があります。


そうしないと議論を進めている途中で、「ん?なんかちがう。。。」となってしまいます。

良い議論のためには、前提の認識を合わせることが必要でした。


==================


・問題(課題)の質を高めること

∟その課題、本当に課題なの?

∟その課題の他にも課題ってないっけ?


会議をしていくと陥りがちなのが『すぐにアイディアを出すこと』です。

アイディアを出す方が、課題を見極めるよりパッと思考ができて面白いからですね。


ただ、こういうのはあまりビジネスの世界では良しとされません。


この図の『イシュー度』というのは『課題の質の高さ』です。


課題の質が高くないと、適した解は生まれません。