『役に立つ』人材、『意味がある』人材。


こんにちは、仕事塾の高村です📚




さて今日は『役に立つ人が有名になる時代は終わったので、意味のある人になれ

という話をしたいと思います。


"役に立つ"と"意味のある"の違いを明確にして、意味のある人材になってくださいね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まずは役に立つ、意味のあるを

理解をしてみる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


コンビニで例えると分かりやすいので例えます。


ハサミやホッチキスは、役に立つもので、

タバコは、意味があるものです。


まずはなんとなく理解してみてください。

タバコは

「この味がいいから高くてもこの味を選ぶ」

「あの先輩がこれ吸ってたからこれがいいんだ」


っていう理由で選ぶと思いますけど

ハサミはホッチキスはこの理由で買わないですよね。



そして、陳列を見たら分かるんですが、

タバコは沢山の種類が並んでいて

ハサミやホッチキスは1つしかないんです。


これはつまり、『役に立つ』は1位しか残らない。

1つでいいっていう世の中の見方なんです。


2番目に切れるハサミ、3番目に留めやすいホッチキスとか要りませんよね。


これが役に立つと意味のあるの違いです。


まずはこのニュアンスの部分で

意味のある存在』を理解していただきたいです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人間も同じなんです

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さて、人間も同じで、今まで知識や情報を売りにしていた人は

Googleという『”情報を得ることに関して”役に立つ戦争』で1位の存在に負けてしまいます。


そして、『役に立つ戦争』では1位になるのは難しいです。

新人賞も1人だけ、何事も1位は1人だけです。


だけど、安心してほしいのが、意味のある存在にはなれるんです。

『意味がある戦争』に参戦してみてください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━