<淘汰されない人材になるには②>問題発見して、素早く行動すること


こんにちは!仕事塾の高村です。


昨日から2日間に分けて、

変化が激しい時代に『淘汰されない人材になるためには』というテーマで就活生や大学生の皆さんに、何が必要となるのかを紹介しています。

昨日は、企業や業界にフォーカスしていました。

今回は「個人レベル」でのコラムです。



━━━━━━━━━━━━━━━━

結論

━━━━━━━━━━━━━━━━

淘汰される人

・問題を解決する

・準備ばっかりする


淘汰されない人

・問題を新たに作る

・まず行動をする

業界の浮き沈みも大切ですが、

結局伸びる業界に行っても頑張るのは自分です。

働く人材自体が価値をあげないといけません。

━━━━━━━━━━━━━━━━

淘汰される人:問題を解決する

淘汰されない人:問題を新たに作る

━━━━━━━━━━━━━━━━

まず、ビジネスとは

問題や課題を解決することで対価をいただくもの』ですので、

基本的に問題や課題に直面します。

ここで淘汰されるされないが分かれます。

ずばり結論から言うと、

”問題解決”が上手い人は今後淘汰される」ということです。


「え、何で?問題解決できるのは良いじゃん」と思うかもですが、詳しく説明していきます。

問題解決ができることに価値があったのは昔です。

今までの時代は、世の中に問題が溢れまくっていて、

問題解決をできる人やツールが少なかったため、希少性があり価値が高かったんです。

しかし最近では逆の現象が起きています。


技術発展により問題解決のツールが増えて、

今まで起こっていた問題の大半は解決されました。

リモートワークができているのも技術のおかげですよね。


つまり、今では『解決策』が豊富で、

『問題』の方が少なく希少性があるというわけですね。


つまり人材ベースで見るとどういう人に価値があるかというと

問題を新たに作り出せる人」です。

これ、どっかで聞いたことありませんか?


━━━━━━━━━━━━━━━━

アート思考

「日常の”不”を見つけ出す思考法」

━━━━━━━━━━━━━━━━


アート思考』を仕事塾の授業でやりましたね!

アート思考とは、日常の”不”を見つけ出す思考法でした。


そのためにも普段の何気ない日常に

WHY(なぜ)?』と自問自答していく必要がありました。

・なぜバス料金はこの金額なの?

・なぜこのお店には駐車場がないの?

・なぜここはPayPay使えないの?

などです。

これからの時代においては、このアート思考を持つ必要があり、

問題解決能力×問題発見能力』が必要なんだろうと考えています。

加えて、

問題解決するための行動が1ヶ月後とかになっても意味がありません。

今の時代、翌月には状況が変わっている可能性がありますので、

問題を発見したらソッコーで解決しようと行動しないと間に合わないんですね。

準備ばっかりしているとフットワーク軽めな人にすぐにおいていかれます。

━━━━━━━━━━━━━━━━

まとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━

淘汰されない人材になるには

◾︎問題解決力×問題発見力が必要

◾︎実行までに時間をかけない

という事を述べました。

日常で皆さんが考えやすいのは

就活における”不”とは何か?』ではないでしょうか。

ぜひ、考えてみてください。

※『不』とは、不安・不満・不経済的・不平等的などです。

感情でいくと、イライラ・モヤモヤだと思います。

以上です。

普段から思考を続けて、問題発見ができる人材になっていきましょう。

では!

  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
LINE_OA_logo1_white.png