<淘汰されない人材になるには①>迷ったら行動することを選ぼう


こんにちは!仕事塾の高村です。

さて、今の世の中は『不確実な変数』があまりにも多く

非常に変化の激しい時代です。

今日から2日間に分けて、

変化が激しい時代に『淘汰されない人材になるためには』というテーマで

就活生や大学生の皆さんに、何が必要となるのかを紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━

スピードが命

━━━━━━━━━━━━━━━━


まず大前提といて、変化が激しい時代に必要なのは

現状理解速度決断力です。

今どんな状況なんだ?


といった感じで、常に『今の状態』を把握することが大切です。

現状の理解として大枠では


「これは外部による影響だな」

「これは社内の問題だな」

「これは今顧客に求められているな」などと、


現状を外部環境や内部環境、

自社にとって脅威なのか機会となるのかを瞬時に判断しないといけません。

SWOT分析


ローソンにならって書いていきますね。

---------------------------------------------

課題:ヒット商品が出ない

---------------------------------------------


まずは現状分析です。

今何が起きているのか?』を可能な限り早いスピードで実施します。

(ちなみに社長は毎日必ず1回はローソン行くみたい)

そこで現場の声(商品企画部)の声を聴くと

決裁に時間がかかり商品化までの道のりが長い」と言われました。

詳しく聞くと、商品企画として「スイーツ」を企画してみても、

5~6人の部長達を通さないといけないらしい。

「社内に長くいる部長達の満足した商品なんてトガリがなくて一般的なものになり、飽きられるから売れない。」

これは大きな機会損失だ」と判断した社長は、

決裁ルートを“直接社長行き”にしたそうで、4工程くらいカットしました。(これの決断がすごいですよね)


そうやって生まれたのがバスチーみたいです。

---------------------------------------------

これはOODAモデルと言われます

---------------------------------------------


実はこの動き方、フレームワークがあります。

OODAモデル(ウーダモデル)』と呼ばれるものです。


簡単に説明すると、

行動しながら分析して、理解して、決断して、実行するというモデルです。


ここについては別のコラムでまとめようと思います。