シェアすることをケチったらいけない


こんにちは、仕事塾の高村です📚




さて今日は『シェアすることをケチったら最終的に自分が損をする

というテーマでお伝えしたいと思います。


このコラムでいう『シェア』とは、

情報でも食べ物でもいいので『自分の持っているモノ(知識も食べ物)を共有する』ということです。


与えたくない気持ちはわかるのですが

長期的に見ていかないといずれ自分が苦しみます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理由は2つ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


理由は2つです。具体例は順番に書きますので一旦目でみておいてください。


シェアをしないと損をする理由は


・GIVEされなくなる

・そのサービスのレベルが上がらなくなる


という2点です。


結果的に自分が損をしてしまいます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

GIVEしない人はGIVEされなくなる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1つ目の説明です。


GIVEというのは相手のためになることをすることでして、

シェアをしない人はだんだんと自分がGIVEをされなくなってしまうんです。


よくよく考えたら身近な例としてもあるのですが

「超隠れ家的なお店を見つけたけど、教えたくない」とかですね。


気持ちはわかります(本当に!)。


だって隠れ家的なお店を教えちゃうと

”自分のもの感”がなくなるし、隠れ家じゃなくなっちゃうとかわかります。



ですが、ここで一度考えて欲しいのが

「もし、シェアしたらどうなるか?」ということです。


もしシェアしていたら、、、


・お店を教えた友人から今度は別の隠れ家的なお店を教えてもらえるかもしれない

・そのお店に来る人が増え、お店の人から感謝をされる

・教えた自分も『隠れ家的なお店を教えてくれる人』というブランディングができる


などがありますよね。


そもそもWinWinだから素敵なんですが、

これって長期的にみたら『自分が』得をしませんか?


感謝されたり、追加で情報を得たり、ブランディングできたり。


どうか短期的な欲求(なんとなく教えたくない!という感情)を持たずに

長期的な目線で人のためになることをしていって欲しいなと思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そのサービスのレベルが上がらなくなる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2つ目の説明です。


これは実際にサービス提供者ならわかる内容にもなるのですが

顧客の中に頑なに他社のサービス内容について教えない人がいます。


実際に僕が営業の場面で、

競合サービスを使っている顧客から言われた体験談です。


ちょっと想像してみてください。



〜〜〜〜〜


営業

「A社のサービス使ってるんですね!共有ありがとうございます。

 〇〇という機能があることは知っていたのですが、

 他にもどんな機能があるのですか?」


顧客

「いや〜色々あるけど教えられないよ。他社サービスでしょ?」


〜〜〜〜〜


これを聞いた時に皆さんはどう思いますか?


何度も言いますが気持ちはわかります。

だって「自分が知っている情報は教えたくない!なんとなく!」って気持ちは誰にでもあるので。


ただ、先ほど書いた通り『長期的な目線』で見るといかがでしょうか?


もし、この他社サービスをシェアしていたら、、、


・各社のサービスが競い合い、より良いサービスになっていく

・教えてくれたお礼として、その会社から感謝される

・サービス利用者の自分が快適に使えるようになる


などがありそうですね。


みなさんも自分が『顧客』になっているサービスがあるのであれば

情報はシェアしていった方が、最終的に自分が快適に使えるようになります。


だからアプリもレビューがついていますよね。

サービス提供者はその情報をもとに改善をしているわけです。



人は欲求というものに負けがちですが

『短期的』ではなく『長期的』に考えて行動する人が

最終的に自分が幸せになると思います。



積極的にシェアしていき、

長期的な目線で幸せになっていきましょう!


では!

  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
LINE_OA_logo1_white.png