【自分という商品を売る力】セールス&プレゼンスキル


こんにちは!仕事塾の塾長、高村です📚



今日は授業でもやる『セールススキル』や『プレゼンスキル』の予習コラムです。


━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のコラムを書く背景やきっかけ

━━━━━━━━━━━━━━━━


就活は大学生には避けては通れない道だと思う人が多く、

転職は今の時代に当たり前となっています。


そのため、就職活動は人生において避けては通れない道になっています。


その就職活動では、自分を『商品』にしないといけません。


※あんまりヒトを商品というのは好きじゃないんですが

分かりやすいと思うのでシビアに書きます


当然、スキルもなく、知識もなく、やる気もないような商品(ヒト)は

スキルを磨いていて向上心もあり勉強し続ける商品(ヒト)に比べると売れ残ります。


売れ残らない商品(ヒト)になってほしく、コラムを書きました。

授業もやります。



━━━━━━━━━━━━━━━━

ヒトは改善するために購買活動をする

━━━━━━━━━━━━━━━━


「スマホが割れたから新しいモノに変えたい」

「お腹がすいたから、何か買って食べたい」

「早く目的地に着きたいから、タクシーに乗る」


などなど。人はお金を使うときには『改善したいこと』があります。


その”現状が改善されている理想の状態”を常に求めているんです。


これを採用にあてはめたらどうでしょうか。


企業(購入者側)は、現状の何かしらを改善し、

理想の状態になりたいために、人材(商品)を購入するということです。


じゃあどうすればいいのか、続けて書いていきます。


━━━━━━━━━━━━━━━━

改善を見つけ、提案する

━━━━━━━━━━━━━━━━




まず前提の認識を揃えたいと思います。


就職活動においては


商品=自分(人材)

購入者=採用側

魅力=その人材のスキル(思考力・主体性・コミュニケーション能力)、マインド(向上心・