【嫌われる勇気を読んで新人1位を獲れた話】昨日の自分に比べて今日の自分は成長していますか?


こんにちは!仕事塾の塾長、高村です📚



今日は『嫌われる勇気』という本についてコラムを書いていきたいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のコラムを書く背景やきっかけ

━━━━━━━━━━━━━━━━


お盆で実家に帰っているんですが、そこで本を久しぶりに見かけたので思い出して書くことに決めました。

理由は、僕が新卒の頃にこの本を読んで結果を残せたからです。


今日のコラムは新卒のあるある話からスタートし、

結果どんなマインドセットをすべきかという着地をしたいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━

新卒あるある

━━━━━━━━━━━━━━━━


特に事業会社では配属先は『営業職』となり、

毎月の予算目標(ノルマ)を達成することがミッションとなるのですが、

新卒だと全員一斉にスタートなので『比較』がされやすいんですよね。


僕のときは”日報”という形で毎日『ランキング』が発表されていました。

ランキングというよりは現状の成果ですね。


これを見ると基本的にどう思う人が多いと思いますか?


僕がそうだったんですが「絶対に負けたくない」とか

「1位になりたい!」とか思うわけです。


これは比較されやすい新卒だからこそのあるあるです。


ただ、このマインドの当時の僕は6月に現場配属から2ヶ月間、

全く契約も取れない状態が続きました。


しかもその間に同期はどんどん受注・初契約を取っていきます。


ますます「1位になれない」「負けてるのが目で見てわかる」「やばい」という意識で焦りが募っていきます。結果的にクレームまで引き起こしてしまったこともありました。


そんな時に、上司に教えてもらい読み始めたのがこちらの『嫌われる勇気』でした。


━━━━━━━━━━━━━━━━

争うべきは『過去の自分』

━━━━━━━━━━━━━━━━


僕が陥っていたのは『対人関係の罠』であり、

自分にコントロールできるもの(自分の課題)と

相手にしかコントロールできないもの(他者の課題)を切り分けられていませんでした。


「1位になっている自分」を目指している背景には、

「同期から目立っている状態」や「尊敬・羨ましがられる状態」を目標にしていたからです。


つまり、『相手の気持ち』をコントロールしようとしていたんですね。

相手の気持ちや感情というのは”アンコントローラブル”です。自分に操作できないものですよね。


「すごい!かっこいい!」と思われたくて行動したとしても

「すごい!かっこいい!」と思うのは相手の自由です。


そこを目標にしていたので僕は頑張り方を知りませんでしたし、

何より営業先のお客様には『僕がかっこいいと思われるかどうか』は本気で関係ないしどうでもいいですよね。


ですがそれすらも分からず、仕事をして顧客に価値を届けることではなく、

『1位になり羨ましがられる自分』を目指していたので、そりゃあもう最悪です。


ですが、この状態を上司と一緒に『嫌われる勇気』を読み合わせすることで解決できました。


・お前が闘っているものはコントロールできるものなのか?

・それは顧客のためになるのか?

・顧客のためになる闘う相手は誰なのか?


こういった言葉をかけていただき、

結果として『過去の自分と闘うこと』を決心できました。


それからというものの、8月は月間新人MVPを獲得し、

連続達成をして年間達成率は130%で終え、

新人賞(それも顧客親密部門)を受賞することができました。




上司やお客様には本当に感謝しています。



結局は、コントロールできるかどうか見極めて、

コントロールができる『過去の自分と闘うこと』を選択し続け、

目標を『昨日の自分より成長できている状態』を定めたことが良かったと思っています。


成長とは、昨日の自分と比べて知識や能力がついている状態、ということを定義しています。


このことから学ぶことをまとめとしてコラムを終えます。


━━━━━━━━━━━━━━━

まとめ

━━━━━━━━━━━━━━━


・コントロール可能かどうかを見極める


・闘うべきは過去の自分


・目標は『昨日の自分より成長できている状態』



今もこの3つは定め続けています。


一緒にがんばっていきましょう(#^_^#)


では!


━━━━━━━━━━━━━━━

16日(日)の授業申し込みはこちら!

━━━━━━━━━━━━━━━


https://forms.gle/oWMtDv1Vst2Li1iJ7




  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
LINE_OA_logo1_white.png