成長したいなら絶対に使ってはいけない言葉



今日は『成長したいなら絶対に使ってはいけない言葉』というタイトルで

皆さんにコラムを書いていこうと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

使ってはいけない言葉2選

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◾︎自分を下げる言葉

◾︎環境への愚痴


順番に見ていきましょう!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自分を下げる言葉

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


自分を下げる言葉とは、どういうものかを書いていきます。


「どうせ・・・」

「自分なんか・・・」


という言葉です。


これは”自分の目線が下がってしまう”からNGなんです。


人は設定した目線よりも上の結果を出すことは難しい生き物です。


100点を目指して80点を取ることはあれど、

50点を目指して80点を取ることは厳しいと思います。


仕事でも同じで「これくらいでいいや」と

一度目線を下げてしまうと、

自分のアウトプットの質も低くなってしまう可能性が高いです。



「顧客を震えさせる提案書を作ってやる!」

という人と


「顧客への提案は、まあこれくらいでいっか!」

という人では相手に伝わる熱量も変わってきます。



僕らの脳は単純なので

「どうせ」とか「自分なんて」とか思ってしまった瞬間に

そこまでのパフォーマンスしか出せなくなるので、

この言葉は使わないようにしていきたいものです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

環境への愚痴

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「ウチの会社はだめだ」

「今の仕事は給料が低い」


など環境の愚痴を言っている人は成長が止まります。


まず大前提その環境の愚痴を言っている暇があるなら

少しでも「どうしたら良くなるか」を考えてほしいものです。



そしてこの言葉がなぜダメかというと、

他責思考だからですね。


※他責思考については、この間のコラムでも書きました。

https://www.shigotojyuku.com/post/career-good_at_work



その会社を選んだのは誰ですか?

その給料だとわかって入ったのは誰ですか?


ということを理解しないといけません。


その環境を選んだのは自分です。

そしてその環境に居続けているのも自分です。


他責思考のままだと何も解決しないので

そういった発言は今日からやめていきましょう。




今日のコラムはこの辺で!


仕事塾は9月1日に大幅グレードアップしますので

乞うご期待!!


では!

  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
LINE_OA_logo1_white.png