優れたリーダーの人の動かし方

こんにちは、仕事塾の塾長の高村です。



さて、今日は至る所でリーダーをされている方に向けた『リーダー論』の一部で、

優れたリーダーの人の動かし方を書いていきます。


実は、フレームワークがあるんです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゴールデンサークル理論

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ゴールデンサークル理論は、

「why・how・whatの3つの円で構成されていて、物事の本質を説明するためのフレーム」です。


結論から伝えると、

「人は、何を(what)ではなく、なぜ(why)に心を動かさせる」ということ。


==========================


「why」 …なぜそうするのか(信念、目的、何のためするのか)

「how 」…どうやるのか(商品やサービスの説明、方法、理論)

「what」…何をするのか(商品、サービス)


==========================


これを事例を持って紹介していきますね。


iPhoneの発表をする時の事例です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ケース①普通の人

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


円の外側から説明を始める人が大半です。


つまりwhat→how→whyという順番ですね。


 what「我々は素晴らしいコンピュータを作った」

 how「美しいデザインで簡単に使え、親しみやすい製品です。」

 why「一ついかがですか?」



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ケース② スティーブ・ジョブズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


円の内側から説明を始めるやり方です。

つまりwhy→how→whatという順番ですね。


 why「我々のすることは全て、世界を変えるという信念で行っています。異なる考え方に価値があると信じています」

 how「私たちが世界を変える手段は、美しくデザインされ、簡単に使え、親しみやすい製品です」

 what「こうして素晴らしいコンピュータが出来上がりました。一ついかがですか?」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「なぜ自分が取り組むのか」という大義名分があると人は動きやすいです。


「どうやるのか」「何をやるのか」から考えてしまうから、途中で目的を見失ってしまい、挫折してしまうケースは多いですよね。


僕がよく『何の為に就活するの?』と聞く理由はこれです。


就活の定義や、就活の目的を持っておくと非常に行動が出来るようになります。


まずは、ゴールデンサークルについてのプレゼンでも聞いてみてほしいです。



https://www.ted.com/talks/simon_sinek_how_great_leaders_inspire_action/up-next?language=ja


今日の記事はこちらを参考にしています。


では!

  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
LINE_OA_logo1_white.png