有効求人倍率は1.08倍に低下した話


こんにちは!仕事塾の塾長、高村です📚



今日は『有効求人倍率』についてまとめていきたいと思います。

就活でも耳にすることは多いのではないでしょうか?


━━━━━━━━━━━━━━━━

有効求人倍率とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━


有効求人倍率とは、

求職者1人に対して、何件の求人があるかを示す指標です。


職を求めている人と、人を求めている企業の割合を表します。


有効求人倍率は


『高い』=企業が働き手を必要としている=雇う余裕もある=好景気、

『低い』=企業が人を欲ししていない=仕事をしたい人が多い=不景気


という風に考えられ、

景気や市場の動向の判断・予測に利用されます。

一応、推移も載せておくと、ここ数年で初めての低水準です。



━━━━━━━━━━━━━━━━

就活にどう活かしていくのか

━━━━━━━━━━━━━━━━


この有効求人倍率だけ見ると


「企業の採用意欲めちゃくちゃ減ってるじゃん…」


と思いますよね。


ですが、この数字だけを気にしてはいけません。


このグラフがある記事の中に


新規求人は前年同月比28.6%減。

宿泊業・飲食サービス業(44.0%減)、製造業(40.9%減)、

生活関連サービス業・娯楽業(34.5%減)、情報通信業(34.1%減)。


とあります。

ここから皆さんに伝えたいことは、

具体的にすること』です。


今の時代、情報に溢れているので、

情報に左右されてしまいがちです。


ですが、その情報を具体的に見ていくことで、

より日常に活かせるものになっていきます。


例えば、


・どの業界の採用枠が縮小しているのか?また、それはなぜか?


・どの業界の採用枠が増えているのか?また、それはなぜか?


を見ていく必要があります。


※今日の参考にした資料はこちら:

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-31/QFWQV4T0G1L701



上の例でいくと、


事実:製造業の友人数が減っている


要因:それはなぜか?

→自動車業だとして、コロナで販売が縮小し、

その分、在庫を抱えてしまうようになり、

追加での生産の必要性がなくなり、

工場の稼働が少なくなり、

人手が今までのように必要ではなくなる。


というように、具体的にしていくことが業界研究にもつながります。


様々な情報が溢れていていますが、振り回されないようにするためには

『具体的にしてみる』ということをおススメします。


ぜひ、情報選択の時にはお気を付けください!



では!


  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
LINE_OA_logo1_white.png