「あの人の発信は信用できないよね」から抜け出すためにはまず実績。


こんにちは。仕事塾の高村です📚


さて、今日は『20代の仕事の選択方法』を伝えたいと思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まずはプロになる。または意味のある人材になる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


皆さんも体感したことあると思うのですが


「この人の言うこと信憑性ないな」とか

「なんとなく信用できないな」とか。


これって、実は真っ当なことを言っているケースや

正しいことを伝えているケースがあるのですがなんとなく信用できない理由は、

要は『この人は誰だ?どんな実績があって教えてくれるんだ?』という気持ちがあるからです。



今の日本のはたらく市場においては『誰が言うか問題』を皆さんが勝ち抜かないといけません。


これは話が飛びますが、信用経済やキャラ経済とも呼ばれます。


Instagramのフォロワーが全然いない人に『Instagramのフォロワーの増やし方』とか言われても説得力が無いし、営業で全く売れてない人が『営業で契約を取る方法』って言うのも説得力がありません。



これが信用であり、『誰が言うか問題』の"誰"という部分です。

厳しい話、この信用経済時代を生き抜くには実績をあげるか、

何かのプロ(役に立つ人材)になるか、意味のある人材になるかです。



今回のコラムでは『誰かの役に立つプロ』になり方をお伝えします。

誰でもなれるプロですが、僕のオススメは『継続』か『早起き』です。


継続や早起きというのは自分自身もできない時が多いように、人間のニーズとして高いです。



まずは1ヶ月でいいので、早起きや何かの継続をやってみてください。

そして来月の今日、『部活もやっていない私が早起きを1ヶ月続けられた理由』とか

毎日継続した学び日記。続けてみて分かったこと。』とかを発信してみてください。


この情報、自分も早起きしたいとか、3日坊主を抜け出したいとか思っている人に対して、価値があると思いませんか?


まずはこうやって信用を勝ち取り、『誰がいうか問題』を勝ち取ってください。



では!

  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
LINE_OA_logo1_white.png