集中力が高い人と集中できない人


こんにちは!仕事塾の高村です。


今日は集中力が高い人と集中できない人の話をしていきます。

誰もが「集中力がないからな〜」と思ったこともあると思います。

今日はそんな昔の自分に対して届ける気持ちで書きます。



━━━━━━━━━━━━━━━━

結論

━━━━━━━━━━━━━━━━


集中できる時とできない時には、『環境的要因』

と『メンタル的要因』の2つがあります。


それぞれ説明していきます。


━━━━━━━━━━━━━━━━

環境面

━━━━━━━━━━━━━━━━



視覚と聴覚で受け取る情報量をコントロールすること

(情報量はコントローラブルです!)


AさんとBさんがいたとします。


Aさんは作業机の上にはPCのみ。

スマホはサイレントにしてカバンの中に入れています。

充電コードやその他ペンやメモすらも引き出しの中に入れています。



Bさんは作業机の上にはPC、スマホ、メモ、ペン、飲み物があります。

スマホは通知が来た瞬間に対応をするようにしています。



さて、AさんとBさんではどちらが集中できるかなんですが、

答えはAさんです。



ちょっとした雑学ですが、

人は1秒間に4000億ビットを取得していて、これは50GBの容量でスマホでも入りきれません。

では普段僕らはどうしているかと言うと、実は2000ビットだけを選んで、あとは素通りさせています。


その2000ビットの情報の選び方は、自分の過去の記憶と照らし合わせて、自分が気になる情報だけを取得しています。


※友達から「あのCMおもしろいよ」と言われて今まで見たことなかったものが

それを友達から聞いた直後にCMを見るようになるようなアレです。



と言っても情報を取捨選択する力はなかなかコントロールが難しいので、

もはや取得する情報を少なくしてしまいましょう。


僕らは視覚が8割、聴覚が2割での情報キャッチをしているので

その情報をコントロールすることが大切です。


余計な情報を受け取らないようにしておくことが大切です。


机の上をまっさらにして、周りの音がある場合には

ヘッドホンやイヤホン、耳栓をして無音環境を作りましょう。



━━━━━━━━━━━━━━━━

メンタル面

━━━━━━━━━━━━━━━━




高い集中力を『維持』するための2つのこと


・作業のモチベーションを維持すること

・適度な休憩を入れて脳を休ませること



例えば『明日の金曜日までに〇〇の調査をして、レポートしてください』という仕事を任されたとします。


その場合にあなたはどうしますか?


ここで集中力を維持させるためにもすぐに取り掛かってはいけません。


まずは、『行動目標を立てる(予定表を書き込む)』ことです。


・午前中のうちに何が必要かを事前に書き出す

・午後ランチ後から調査開始

・90分ごとに休憩を10分取る

・今日の夕方までには一部レポートまとめの下書きを終える

・明日の朝にはレポートの清書をする

・明日の昼過ぎには提出する


これに加えて「○時〜○時まで」とか決めれたらもっと良いですね。


こうやって目標を立てることで、

「達成」を細かく味わえます。


人は目標達成するとモチベーションが上がりやすい(前に進んでいる実感がある)ので、

このように細かい予定(=目標)を立てることをお勧めしています。


━━━━━━━━━━━━━━━━

今日からやること

━━━━━━━━━━━━━━━━


◾︎机の上をまっさらにする


◾︎無音の環境を作る

 ∟環境音ならOK(YouTubeで”自然 BGM”とかですね)


◾︎予定を細かな”目標”に変える


コントロール可能なことからやっていきましょう。

早速やってみてくださいね(#^_^#)


ちなみに僕は50分スパンで目標を立てていて、

10分休憩をするという時間配分をしています。


是非参考までに!


では今日も良い日にしましょう!



====

追伸

====


8月2日はGD練習会です!


議論する力を一緒につけていきましょう。

卒年度関係なく応募可能です!






  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
LINE_OA_logo1_white.png