応援される人の理由を知っていますか?


こんにちは!仕事塾の塾長、高村です。



今日は『応援される人の理由』というテーマでコラムを書いていきたいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のコラムを書く背景やきっかけ

━━━━━━━━━━━━━━━━


誰だって『応援』はされたいですよね。


お金をもらうことだってそうですし

背中を押してもらうことだって応援です。


応援されると安心するし、何より馬力が出ます。

「頑張ろう!!」っていう馬力です。


僕も応援されたいという意識はもちろんありますが、

具体的に「どうすれば応援してもらえるんだろう」って思っていました。


ですが、昨日会社で『仕事塾』の発表の機会をいただき、

応援される人の理由に答えを見出せたので、ここにまとめます。


━━━━━━━━━━━━━━━━

結論

━━━━━━━━━━━━━━━━




結論から言うと、

『知ってもらう・理解してもらうための発信をし続ける』ということです。


具体的に説明していきます。


━━━━━━━━━━━━━━━━

人は知らないものに拒否反応を示す

━━━━━━━━━━━━━━━━


知ってもらう・理解してもらう理由は、単純に1つです。


それは、人は知らないものに拒否反応を示すからです。


「何それ、知らない」「何やってるかわからない」

こんな状態では応援されません。


スマホが出てきた時、「ガラケー派」という存在がいたんですが(僕はこっちでした笑)、

その多くの意見は「スマホって、使いづらそう」「ガラケーの方が、良いんじゃない?」といった

推測での発言でした。


ですが今となっては70歳以上でもスマホ普及率は50%を超えたと言われるくらい

『スマホ』は国民の共通認識となりました。


こうやって『スマホ』と書いて説明の記載がないのも、

これが共通で認識されているからです。


それくらい、人は『知らない・理解していない状態』は『不安・不信』があり応援なんてできません。


家族を応援できても、見ず知らずの他人をいきなり応援なんてできないと思います。

それで考えてもらえると簡単です。


と、ここまで書きましたが、

であれば「知ってもらう・理解してもらう」ことをすればいいんです。


━━━━━━━━━━━━━━━━

そのためには、発信+継続

━━━━━━━━━━━━━━━━


さて、応援される人になるためには『知ってもらう・理解してもらう』ことでしたね。

ですが「そのためにはどうしたら良いの?」ということを書いて終わりにします。


知ってもらい、理解してもらうには『発信』しかありません。


私には夢がある(キング牧師)

と声を大にして言っていかねばなりません。


ですが。そこには当然色々な悩みも出てきます。


・自分より頭良い人や、専門家からしたら”何言ってんだこいつ”って思われてしまう

・発信すると「まあ頑張れよw」みたいな馬鹿にしてくる人が出てきそう

・「お前がやれるの?」みたいに言われるのがいやだ

・そもそも恥ずかしくて言えない


などなど、もう書いたらキリがないくらい”発信をやめる理由”は出てきます。


ですが、そのままでは応援される人になれません。


応援されている人は必ず自分の過去から未来まで曝け出しています。


サッカー選手や、ボクシング選手の試合のときだって

「〇〇選手の生い立ち」が流れますよね。


あれで過去貧しい暮らしをしていた、とか

厳しい家庭環境だったとか見たら涙が出るくらい感情移入をする人もいます。



そして見終わった頃には「がんばれ!!」と応援しています。


応援されるには発信をしないといけません。



ですが、僕ら一般人がそんなテレビにすぐ出るわけでもないので

僕らがやらないといけないのは『発信+継続』です。


同じことを何度も、何回も続けていかねばなりません。

でないとこの情報がたくさん溢れている時代において、

「自分=00の人』と認識を持ってもらうには時間がかかります。


まずは『自分=00をやってる人・00にいる人』などの

共通認識を持ってもらうように継続していきましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━

まとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━


実は、仕事塾も最初の頃は「何それ、塾?」「え、授業とかやれるの?」

「まあ頑張ってみたら?」など、応援とは程遠い『何か頑張ってるやつ』という状態でしたが、

もう半年間毎日コラムを書いていて、毎週授業をしていると

「次の仕事塾の授業参加しても良いですか?」「仕事塾の話聞かせて!」などと変化が出てきました。


ただ、これはまだ『興味』の状態で『理解してもらっている』わけではないです。


ですが昨日、会社の組織長から「一光の仕事塾の話をみんなにしてほしい」と言われました。

そこで、組織全員をつなげたZOOM(50名くらい)で、

仕事塾を始めたきっかけ・仕事塾をやっていて良かったこと・これから目指すことを共有できました。


すると、「良いね!」「応援する!!」「今度協力させて!」という『応援』の声をいただきました。



こうやって、応援されるためには『理解してもらうこと』が必要なんだと実感し、

そのためにも『継続して発信し続けたこと』が良かったんだなと思っています。


今日はこんな感じです!


本業も明日からお盆休みです。

一生懸命頑張っていきましょう!


では!


━━━━━━━━━━━━━━━━

告知

━━━━━━━━━━━━━━━━


仕事塾の8月授業の申し込みは終えましたか?


参加する方はこちらのフォームから参加希望日程を指定してください。


https://forms.gle/BsdL5yTrANQuCKRLA



  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
LINE_OA_logo1_white.png