業界研究コラム/企業の事業内容を理解する方法


こんばんは!仕事塾の塾長、高村です📚



さて、今日も業界研究スキルの予習コラムを書いていきます。

12時から授業に参加できる方はご参加ください(#^_^#)


━━━━━━━━━━━━━

企業を理解するとは?

━━━━━━━━━━━━━━━━


まず、企業を理解するには『事業内容』を理解しないといけません。

企業理解とは、『事業理解』なわけです。


じゃあ事業とは何かというと

『人助けをしてお金を生み出す業務』のことです。


企業というのは1つの事業で成り立っているのではなく

複数の事業(色々な人助けの仕方)で成り立っています。


ここで、1つ定義のおさらいですが、

僕は『仕事(事業)』のことを『人助けして対価を得ること』だと定義しています。



なので事業を理解するときには下記2つのステップでやっています。


❶Who/What/How/Whyの理解


・Who:どんな人の

・What:何の悩みを

・How:どうやって解決しているのか

・Why:それをなぜやっているのか


これで、どこにいる誰の何の悩みをどうやって解決するのかを理解し、

また、その事業をなぜ始めたのかというストーリーまで理解できると良いですね。



❷お金の流れの理解


お金の流れはビジネスモデルとも言いますね。


・スタート:誰がお金を出していて

・フロー:どういう経路があって

・ゴール:誰に届いて終わりなのか


これを理解することが重要です。



今日は実際に大手人材企業の事例を用いながら

どうやってやっていくのかを学んで行こうと思います!


コラムはこの辺で!


では!(#^_^#)



━━━━━━━━━━━━━━━

「仕事塾とは?」を改めて!

━━━━━━━━━━━━━━━



仕事塾では『社会人よりも社会人になる』とビジョンを掲げている

『社会人になる前の学校』です。


その中でも特化したいのは『納得のいくキャリア選択ができること』と

提案ができる人材になること』です。


そのために、授業やコラム、そして交流をこれから強化していきます。


相手を理解する(理想や現状、抱えている課題)ことや、

提案力(相手にとって優しいかどうかの姿勢・プレゼンスキル・セールススキル・マーケスキル・クリティカルシンキングスキル)を鍛えます。


本当は『投資の仕方』とか『起業の仕方』とかまでをゴールにしようかとも考えましたが、

まずは『提案することができる人』になることが、この変化の時代に最も必要だと思い、定義しています。



これからも一緒に学んでいきましょう!


では!👍




  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
LINE_OA_logo1_white.png