【財務スキル】貸借対照表を理解してみる


こんにちは!仕事塾の塾長、高村です📚



今日は18時からの授業でも実施する『財務スキル(B/S編)』の予習コラムです。


━━━━━━━━━━━━━━━━

貸借対照表とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━


貸借対照表とは、事業を行うために「何にお金を投資したのか」、

また「どうやってお金を集めたのか」をまとめた表のことです。


この「何にお金を投資したのか」は、「資金の運用方法」とも言い換えられます。

また、「どうやってお金を集めたのか」は、「資金の調達方法」と言い換えられます。



この図にある通り、

右から左にかけてお金をどうやって集めて使ったのかがわかる

というものになります。


負債と資産に分けて見ていきましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━

負債を分解する

━━━━━━━━━━━━━


負債』とは、お金を集める手法の中でも

後々に返さないといけないお金のことです。


その返済期限の長短で『流動負債』か『固定負債』に分類されます。


流動負債は1年以内もしくは正常な営業循環内に支払いが必要な負債です。

例えば、買掛金や支払手形、未払金や短期借入金などがあります。


固定負債は1年以内に支払いが必要でない負債です。

例えば、長期借入金や社債などがあります。



━━━━━━━━━━━━━━━━

資産を分解する

━━━━━━━━━━━━━


資産』とは、集めたお金をどう運用して現金を増やしていくかを表します。


現金になるスピードが速いものを『流動資産』、

遅いものを『固定資産』と言います。


流動資産は1年以内に現金化する予定の資産です。

例えば、現金や預金のほか、受取手形、売掛金、有価証券、棚卸資産などがあります。


固定資産は1年以内に現金化する予定のない資産です。

例えば、固定資産には、土地や建物、車両運搬具や工具器具備品、投資有価証券などがあります。



━━━━━━━━━━━━━━━━

まとめ

━━━━━━━━━━━━━


ここまでで『負債』と『資産』にそれぞれ

スピード(1年以内)に返済できるかどうか、現金化できるかどうかで

流動or固定となることがわかりました。


まとめるとB/Sは下記のようになります。


今日の授業では具体的な事例や問題を用いて

よりB/Sを詳しく解説していきますので、

18時からの授業にはご参加いただけたら嬉しいです!



では!



  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
LINE_OA_logo1_white.png