学ばない国、日本。あなたはどうする?

おはようございます☀️

土曜日の今日は、

『学ばない国 日本』について

その“はたらく”を深堀りしていきましょう。




参考記事にはパーソル総合研究所「APAC就業実態・成長意識調査(2019年)」を使用しています。

(https://rc.persol-group.co.jp/research/activity/data/apac_2019.html


---------------------------------------------

結論:日本人は超わがままでうるさい問題児だらけ

---------------------------------------------

参考記事の各項目から日本のデータを用いて、

見解を述べていきたいと思います。

URLを見ながら、自分の意見も考えて見てくださいね。


【Ⅰ.現在の働き方 Topics】


・週当たりの労働時間は14か国トップで少ない39時間


・管理職を目指す割合は、14各国ワーストトップ。21%しかいない。

【Ⅱ.勤務先の組織状況と満足度 Topics】

・組織文化:日本のトップ3は下記。

①上層部の決定にはとりあえず従えという雰囲気がある

②自分勝手に仕事を進める人よりも、和を重視する人の方が評価される

③社内では波風を立てないことが何よりも重要とされる

・仕事における満足度:日本は全指標平均以下

会社全体、職場の人間関係、上司、仕事内容、プライベートという項目。

全てにおいて平均以下です。

【Ⅲ.働く意識 Topics】

・日本人が仕事を選ぶ上で重視すること

①希望する収入が得られること

②職場の人間関係がよいこと

③休みが取れる/取りやすいこと

【Ⅳ.仕事に対する意識と自己成長 Topics】

・成長志向度・成長実感度:日本はビリ

成長志向度…働くことを通じた成長が重要だと考えること

成長実感度…過去1年を振り返り仕事を通じた成長を実感できていること

---------------------------------------------

まとめてみましょう

---------------------------------------------

日本人の働く意欲はこんな感じです。


・別に管理職目指してないしな

・働く時間は少ない方がいい

・希望する収入が欲しい

・人間関係が良いことが望ましい

・休みがちゃんと取れる

・そして休みやすいこと

・やりがいを感じられる仕事内容がいい

・仕事とプライベートの両立(WLB)ができること

僕自身、「わかるな~」とも思いつつも

それでも「我儘だな…」と呆れる結果でした。

そりゃあもちろん人間関係は良いほうがいいし、

収入だって多い方がいい。

だけどこのデータに書いてある結果から見れる僕の結論はこうです。

---------------------------------------------

“受け身な姿勢が招いた結果”であり、

これらは下記の仕組みがもたらしたと考える。

---------------------------------------------




日本人が受け身でいられたのは、


・学ばなくても昇進する

・長くいれば昇給する

・新卒一括採用

・終身雇用

・年功序列

・転職は裏切り

・転職しても給料上がらない

という仕組みからだと思います。


全てシステムエラーですね。

日本という仕組みがこういう人間を作っています。

ただ、僕たち20代の時代はもう違います。

長くいることに価値はないです。


明日会社がなくなっても生きていけるskillをつけていかねばなりません。

この仕事塾では、皆さんをビジネスパーソンにすることを

第一ゴールとしてますので、お楽しみにしててください。

では!

  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
LINE_OA_logo1_white.png