【業界理解】通販業界


おはようございます。


皆さんは『皇潤』や『ドモホルンリンクル 』って知っていますか?

健康サプリや化粧品です。

今日は通販業界について書きたいなと思っています。

人気の『WEBデザイナー』や『WEBマーケティング』の職種採用があるのは通販ですよね。

最近は飲食店なども通販に乗り出して来ています。(一蘭とかね)


ぜひ勉強してみてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━

通販業界とは

━━━━━━━━━━━━━━━━━

通販業界とは、小売業のうちの一つで、

コンビニやドラッグストアなどの店舗ではなく、無店舗販売をやる業態。

つまり、メディアを利用して商品を展示し、

メディア経由で消費者から注文を受け、商品を販売する業種です。



2016年9月の時点での正会員数は678社となっており、

その多くが「ネット通販」と「カタログ通販」と「テレビ通販」に分類されています。

<市場規模>

市場規模:6兆5,100億円

∟1位:インターネットPC(22.1%)

∟2位:カタログ(20.4%)

∟3位:リーフレットDM(14.5%)

∟4位:テレビ(11.8%)

労働者数:10,385人

平均年齢:37.2歳

平均勤続年数:8.6年

平均年収:544万円

通販業界の市場規模6兆5,100億円というのは比較的大きい数字で、

鉄道業界や百貨店業界、広告業界と同程度の規模になります。

平均年収は544万円ですが、これは流通業界や小売業界のなかでは結構高いです。

その要因としては、通販業界は運営コストが少くて済むこと、

通販市場が成長を続けていることが挙げられます。

経費を抑えることに特化できていますね。

(地方銀行業界とは大違いなので、地銀はまず経費削減を見習って欲しい。)

<仕事内容>

通販業界の仕事は、

おおまかに「営業」「マーケティング」「開発」に分けることができます。

営業の中には、新規開拓・既存対応の2つ。

マーケティングには、経営企画・商品企画・販売促進企画・WEBマーケティングなどがあります。

開発は、商品開発ですね。超重要ポジションです。


業界を研究するときは、実際に働く仕事内容は何があるのかを把握しましょう。



━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後の課題

━━━━━━━━━━━━━━━━━

◾︎売上が上がらない問題

∟リピートできない

∟新規開拓ができない

∟販売戦略が弱い

∟商品力が弱い

∟競合が多い

基本的にネット通販が業界のシェアを大きく占めているのですが

それはつまり”参入障壁が低い”ということですよね。

特に大手IT企業とか、エンジニアを抱えている企業は

ECサイト作っていくのはお手の物です。

あとは販売するものを営業かけていけば、

すぐにネット販売を手がけることもできますよね。

そうなってくると、

「あのサプリ欲しい!」とか「あのアイテム欲しい!」ってなったときに

消費者からなんとか一番に『あそこの通販で買おう』って思われないといけないわけです。


そのために、販売戦略や広告戦略を立てるわけですが、、

なんともここが非常に弱い。特に九州。


なぜなら、優秀なWEBマーケティングができる方や、

広告戦略を考える経営企画・販促企画の方がいません。


だからほとんどの企業が九州から外に出れないんだと思います。

さぁこれから通販業界はどうなっていくのでしょうか。


個人的には、販売シェアの取り合いはもう終わって、

気持ちシェア』の奪い合いになるのではないかと思っています。


つまり、通販会社のDtoCです。

DtoCとは、ダイレクト トゥ カスタマー の略です。直接購入者に届けるってやつですね。



例えば、あそこで買ったら販売者から

「こういう使い方をするのがオススメですよ^^ 購入ありがとうございます」という

メッセージが届けば嬉しいですよね。

まさにこれが究極の世界で、

あの会社めっちゃ丁寧だからあの会社で買おう」っていうのが

コールセンターやお電話口の対応の人で決まるわけです。


つまるところ、これから通販企業が採用を強化しないといけないのは

思いやりや優しさの精神を持ったコールセンター員です。

もちろん、教育も大切ですが

戦略立てる人がいないならお客様対応を強化して

リピーターを逃さないようにするしかありません。

その意味で強いのは、ドモホルンリンクルを手がける

再春館製薬所ですね。


あの企業は『いくら売上なさい』というノルマがないんです。

じゃあ評価基準は何かと言うと『応対品質・顧客満足度調査』の2つです。

電話内容を録音されており、

ちゃんとニーズを聞けているか・雑な会話になっていないかをチェックしています。

そしてお客様へ手紙が届き、満足度調査をしているわけです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ぜひ、考えてみてください

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


世の中もはや『誰が言うか問題』は始まっています。


「あの人が言うから買う・あの人のサービスだからやる・

あの人のコミュニティだから入る」


といったものです。


少しでも信用を貯めていき、将来に転用しやすくしてみてくださいね。

コツは、一日一善です(#^_^#)


では今日も頑張りましょう!

参考:https://www.ebisumart.com/blog/industry/


  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
LINE_OA_logo1_white.png